性状が不明な異物は不良品発生や機器の故障の原因となります。
また、場合によっては人体への悪影響も懸念されます。
発生・混入経路の特定、再発防止、異物除去の観点からも、異物を正確に分析しておくことが重要です。

製造物責任(PL)法(1995年)の施行により、食品や工業製品への安全意識が向上し製造者の責任が強まっています。
そのため、数mm~サブμmレベルの異物でも問題となり、クレームなどを引き起こすこともあります。